花瓶02 小物01

 

キャッシングの申込みをすると、各金融機関で審査が行われます。その審査に通れば、無事キャッシングが出来るようになりますが、残念ながら審査に通らないという結果に至る場合も少なくはありません。
審査に落ちてしまった場合、自身で原因が思い当たる時もありますが、原因がわからない、理由が考えられないといった場合もあります。そういった時の対処法の一つとして有効なのが、全国銀行個人信用情報センター(JBA)への情報開示請求です。

 
JBAとは、同機関に加盟している金融機関から利用者の個人情報を集めて登録している信用情報機関です。全国のキャッシングの円滑化を図る為に設置された機関で、会員となっている金融機関はJBAを通して個人情報の照会を行う事で、一般消費者からのキャッシングの申し込みに対してもスムーズな審査が可能となっています。
逆に一般消費者は、JBAに対して本人情報の開示請求を行う事により、自己の金融機関からの借入状況や支払い状況を確認する事が出来ます。また、自分の情報自体が登録されているかどうか、もし登録されているとしたらどのように登録されているか等も、確認が可能です。審査になかなか通らないという方、事実と違う情報が登録されていないかどうか、一度確認してみてはいかがですか?