» 未分類のブログ記事

住宅購入をするには、多額の資金が必要です。資金を事前に貯蓄するには、いろいろな方法があります。基本的には毎月積み立て商品で、コツコツと積立ることも必要です。

 
住宅購入に必要な資金は、住宅ローンだけに頼ることは厳しいものです。自己資金を用意しておくことも大事なことなのです。自己資金は、住宅購入価格の20%から30%は必要と言われています。必要な資金は、住宅購入価格だけではありません。

 
住宅ローン以外にも、諸手続き費用や税金がかかるのです。これも自己資金で賄う必要があります。住宅ローン申し込み時に銀行等で審査があります。審査でみられるのが、自己資金や年収などです。返済比率35%以内で収まっているかどうかがポイントです。無理な返済計画ではないかということが審査の対象になるのです。

 
会社員であれば、財形住宅貯蓄を利用するのも良い方法です。
財形住宅貯蓄を5年以上積立、残高が50万円以上あれば、貯蓄残高の10倍以内の融資を受けることが出来ます。財形貯蓄と併せることが出来るので、有利なものです。

 
銀行の住宅ローンだけに頼ることなく融資を受けることが出来ます。財形住宅融資を利用することも、選択肢として、また自己資金の貯蓄方法としても考えられるものです。

 

 

 

 

 

本来、家を買うというのは非情に大変なことです。それこそ、家を買うと決意してから長い時間お金を貯め続けることで購入資金を蓄えなければ購入することはできないものです。

 
しかしながら、住宅ローンを利用すれば、購入資金が十分に溜まっていなくても家を購入することが可能となります。もちろん、ローンで立て替えた購入代金は返済する必要がありますが、計画的に返済していけば問題なく返済することが可能なので、恐れることはありません。

 
しかしながら、住宅ローンを利用するには、ローン審査をパスする必要があります。このローン審査は要は返済する能力が十分に備わっているかどうかがポイントとなっています。
返済能力に問題がないようならパスできますが、返済能力に問題があれば審査を通ることができないので、ローンを組むことができないので注意しなければなりません。

 
まれに他社ローンを利用しているので不安に思う方もいますが、ローンの返済状況を顧みた上で返済能力がちゃんとあると確認できるなら新しくローンを組む分には何も問題はありません。
このように、住宅ローンは厳しいローン審査をパスする必要はありますが、それさえ突破できれば夢のマイホームを確実に手に入れることができるサービスなのです。

 

 

 

 

 

夢のマイホームと表現されるように、多くの人にとって家を買うのは憧れにして目標みたいなものです。しかしながら、家を買うというのは決して楽なことではありません。家は非情に高い買い物であり、容易に購入できるものではないのです。
しかしながら、住宅ローンを利用することができれば、そんな購入が難しいマイホームをすぐ手に入れることができます。

 

もちろん、ローンなので借金の一種であり、返済する義務はあります。ですが、購入金額までお金を貯めるには相当の時間がかかることを思えば、すぐ手に入る可能性があるのは十分に魅力的であると言えます。
ともあれ、住宅ローンを利用するには、ローン審査をパスする必要があります。このローン審査を合格する上での大切なポイントは、返済能力がちゃんとあるかどうかであり、返済能力に疑いがある要素があれば、住宅ローンの審査で落とされてしまいます。

 
ちなみに、よくクレジットカードを多く持っているため、ローンが不利になるんじゃないかと不安を覚える方もいますが、ただカードを持っているだけなら何の問題もありません。
ただし、もしもキャッシング枠を利用した事がある場合、どのような理由があったのか注目される可能性もありますので、ちゃんと説明できるようにしておいた方が良いです。

 

 

 

 

 

住宅購入の際にはまとまったお金が必要になりますが、実際にどの程度の自己資金があれば安心出来るかはわかりづらいものです。そこで、住宅ローンを視野に入れた例を挙げて考えてみます。

 
まず住宅ローンの審査で見られるポイントとして、年収や債務状況があります。これは返済が滞るといけないので当然のことと言えます。それに伴い勤務先の勤続年数や雇用形態も重要になり、勤続3年以上が一般的なラインと言われています。

 
また、定年までの返済で収入の20から25%程度までの返済額で済むかという部分も見られます。年齢についても、定年後の返済期間が長くなるため完済時年齢は80歳未満が基準となるようです。また、団体信用生命保険への加入が必要なので、健康状態も良好であることが求められます。

 
そして、住宅ローンを組む際に必要になるのが頭金です。頭金を用意することで借入金額を少なくし、返済期間を短く出来利息負担も減らすことが出来ます。頭金が重要視されるのはこのためです。

 
一般的に住宅ローンを借りる際に安心できる頭金は住宅購入価格の20%程度と言われています。それに引越しや家具などの代金を考えた諸費用を合わせて住宅購入価格の25%程度があればベストだと言えます。

 

 

 

 

 

住宅ローンの事前審査は不動産の契約前に行うもので、金融機関が年収に応じて借入が可能かどうかを審査します。具体的な審査基準や金利は金融機関によって異なりますが、ここでチェックされるのは年収や年齢・勤続年数によって借入金を返済する能力があるかどうかを見られます。一般的には金利が低い金融機関ほど審査が厳しい傾向があります。

 
本審査は物件の契約後、住宅ローンの申込前に行うもので、ここでは返済を行う人の信用情報がチェックされます。具体的には他社に借入がないかどうか、カードローンのキャッシングの額と返済状況、公共料金の滞納がないかどうかを確認されることとなります。また、ここでは保証人の信用情報もチェックされます。配偶者や親族にも同様に借り入れがないか、返済遅れがないかどうかを過去数年分にわたって確認されることとなります。

 
仮審査が通ったからといって、すぐに住宅ローンを借入できると思ってはいけません。できる対策としては、仮審査の申込時に借入や返済状況は正直に話しておくことです。隠していても後からバレてしまう事なので、事前に相談しておくと力になってくれる金融機関もあります。審査を行う人も人間なので、マイナス部分を最初から話しておく事で却って審査にプラスに働くこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンを契約するには、いくつかの流れを踏む必要があります。申込みを行うとまず初めに行われるのが事前審査です。

 
これは仮審査と呼ばれることもあります。この目的というのは、正式な審査(本審査)の前にまずは大まかな内容で審査に通るかどうかチェックしてみるというものです。

 
昨年の源泉徴収票や本人確認書類の写し、購入または建築する住宅の情報一式があればこの審査を受けることが可能です。また、これとは別に資金計画について具体的に聞かれることも多くあります。

 
この審査が通ると、本審査へと進むことができます。本審査では正式な住宅ローンの申込を行うために、
必要事項を記入して、署名・捺印します。ちなみに先ほどの仮の審査は金融機関が行いますが、本審査の場合は信用保証会社が行うというのが一般的です。

 
この本審査の結果が出るまで2~3週間ほど時間を要します。書類に不備があったりするともっと時間がかかってしまいますので、申込みの段階で不備のないように気を付ける必要があります。

 
また、本審査は仮の審査よりもかなり厳しい基準で行われます。そのため金融機関でGOサインが出た場合でも、本審査で落ちてしまう場合もありますので注意が必要です。本審査が通れば晴れて住宅ローン契約が完了し、物件購入が確定することになります。

 

 

 

 

 

住宅ローンを組む際、まず事前審査が必要となります。これは、本審査の前の仮審査のことで、たいていはいくつかの金融機関に審査を出し、いくらまで借入れが可能かであったり、利率はどれくらいになるのかであったりを調べます。

 
金融機関としては、キャッシングをしていないか、ほかにローンを組んでいるものはないかなどの個人信用情報を調べます。ローンなどの記録があったからと言って、必ずしもローンが通らないということではありませんが、優位に進めるためにはなるべく完済しておくのが望ましいと言えます。

 
また、勤務先や勤続年数、年収などがチェック項目としてあげられます。審査項目は多岐に渡り、過去数年間のものまで審査対象にあげられます。クレジットカードなどの使用やリボ払いも、場合によっては見られることもありますので、不要なものがあれば解約しておくといいようです。

 
個人の信用情報のみでなく、物件の価値も審査対象となります。もちろん物件を決定する前に出すことも可能ですが、この物件の購入のためということで提出すると、その物件にどれだけの価値がつくかで借入れ可能な額が変わってきます。その土地に高い価値がつけば、借入れ可能な額も大きくなり、場合によっては利率を下げてくれたりもするので非常に重要だと言えます。

 

 

 

 

 

住宅ローンの契約をする時には、必ず審査を通過しなければいけない事になっています。審査を通過するには、いくつか条件があります。お客様の過去の記録や現在の経済状況、お勤め先、年収なども細かく調査されますので、経済状況が不安定という方は、審査が通りにくくなってしまうのは免れません。

 
金融は、住宅ローンの契約者にお金を貸していく事となりますが、その契約者からきちんと貸した分のお金を返済してもらわなければ、会社の負担となります。そのため、返済比率はしっかりと調べられますので、ローン返済が遅れていたら、それはとても問題となってしまいますし、厳しく保険会社や金融からチェックされます。人によっては催促状が届いたりと、何らかの警告が出される事となります。

 
ローンを組む際には、このような返済の目途や担保掛目についても考慮してローンの契約をしなければなりませんね。
ローンを組む時の審査では、過去にその契約者が返済できなかったケースがあるか、または現在何か大きな負債を抱えていないか、多額のローンを返済する予定がないかなどを審査していきます。

 
ローンの額と、今の年収などを見比べて、明らかに返済困難になるだろうと予測できる時には、審査も難しくなってきます。

 

 

 

 

 

あまり聞きなれない会社の名前ですがその名の通り信用情報を収集し、管理する会社なのです。
信用情報というのはクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や、返済をちゃんと行っているかの確認や、現在のローンはどれくらいなのかなどの客観的取引事実を表す情報です。

 
消費者がクレジットカードなどを契約するときにクレジット会社はその消費者の信用情報を確認し、信用取引を行うにあたって適切かを審査します。消費者とクレジット会社間の信用取引をサポートするのが日本信用情報機構(JICC)の役目です。

 
JICCはそれらの役目以外にも信用情報の開示制度があり、自分のいままで信用情報を確認することができます。
信用情報の開示で確認できる情報は氏名、生年月日、電話番号などの個人を特定することができる情報です。

 
そして、クレジットやローンなどの個人のお取引きに関する情報も確認することができます。これは年間の利用金額や、口座の残高などを確認することができます。

 
最後に取引きから発生する情報を確認できます。支払遅延に関する情報や、法的手続きが過去にあったかを確認することができます。

 
情報開示する手続きには携帯電話で行う方法と、郵送を用いて行う方法と、実際にJICCの窓口に直接申請手続きを行う方法の3つがあります。