あまり聞きなれない会社の名前ですがその名の通り信用情報を収集し、管理する会社なのです。
信用情報というのはクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や、返済をちゃんと行っているかの確認や、現在のローンはどれくらいなのかなどの客観的取引事実を表す情報です。

 
消費者がクレジットカードなどを契約するときにクレジット会社はその消費者の信用情報を確認し、信用取引を行うにあたって適切かを審査します。消費者とクレジット会社間の信用取引をサポートするのが日本信用情報機構(JICC)の役目です。

 
JICCはそれらの役目以外にも信用情報の開示制度があり、自分のいままで信用情報を確認することができます。
信用情報の開示で確認できる情報は氏名、生年月日、電話番号などの個人を特定することができる情報です。

 
そして、クレジットやローンなどの個人のお取引きに関する情報も確認することができます。これは年間の利用金額や、口座の残高などを確認することができます。

 
最後に取引きから発生する情報を確認できます。支払遅延に関する情報や、法的手続きが過去にあったかを確認することができます。

 
情報開示する手続きには携帯電話で行う方法と、郵送を用いて行う方法と、実際にJICCの窓口に直接申請手続きを行う方法の3つがあります。