住宅ローンを組む際、まず事前審査が必要となります。これは、本審査の前の仮審査のことで、たいていはいくつかの金融機関に審査を出し、いくらまで借入れが可能かであったり、利率はどれくらいになるのかであったりを調べます。

 
金融機関としては、キャッシングをしていないか、ほかにローンを組んでいるものはないかなどの個人信用情報を調べます。ローンなどの記録があったからと言って、必ずしもローンが通らないということではありませんが、優位に進めるためにはなるべく完済しておくのが望ましいと言えます。

 
また、勤務先や勤続年数、年収などがチェック項目としてあげられます。審査項目は多岐に渡り、過去数年間のものまで審査対象にあげられます。クレジットカードなどの使用やリボ払いも、場合によっては見られることもありますので、不要なものがあれば解約しておくといいようです。

 
個人の信用情報のみでなく、物件の価値も審査対象となります。もちろん物件を決定する前に出すことも可能ですが、この物件の購入のためということで提出すると、その物件にどれだけの価値がつくかで借入れ可能な額が変わってきます。その土地に高い価値がつけば、借入れ可能な額も大きくなり、場合によっては利率を下げてくれたりもするので非常に重要だと言えます。