住宅ローンの事前審査は不動産の契約前に行うもので、金融機関が年収に応じて借入が可能かどうかを審査します。具体的な審査基準や金利は金融機関によって異なりますが、ここでチェックされるのは年収や年齢・勤続年数によって借入金を返済する能力があるかどうかを見られます。一般的には金利が低い金融機関ほど審査が厳しい傾向があります。

 
本審査は物件の契約後、住宅ローンの申込前に行うもので、ここでは返済を行う人の信用情報がチェックされます。具体的には他社に借入がないかどうか、カードローンのキャッシングの額と返済状況、公共料金の滞納がないかどうかを確認されることとなります。また、ここでは保証人の信用情報もチェックされます。配偶者や親族にも同様に借り入れがないか、返済遅れがないかどうかを過去数年分にわたって確認されることとなります。

 
仮審査が通ったからといって、すぐに住宅ローンを借入できると思ってはいけません。できる対策としては、仮審査の申込時に借入や返済状況は正直に話しておくことです。隠していても後からバレてしまう事なので、事前に相談しておくと力になってくれる金融機関もあります。審査を行う人も人間なので、マイナス部分を最初から話しておく事で却って審査にプラスに働くこともあるのです。